ホーム > 教育体制

新人教育計画

   

新人研修1.病院職員(看護職員)としての自覚を持ち行動できる

 

2.看護チームの一員であることを認識して責任ある行動がとれる

 

3.疾病を理解し、個々に応じた適切なケアができる

 

プリセプターは、新人さんの精神的フォローに徹します。指導は、病棟のモデルナースが行います。



新人看護師
モデル看護師
1週目
モデルナースについて見学を中心に知識・技術・態度を学ぶ。できることは積極的に行い日常業務の流れを知る。
(反省会モデル看護師に質問を)
各種マニュアルに沿って、一手技ごとに目的・根拠・注意点を新人に指導し手本を示す。
(反省会・・・新人看護師の疑問点の確認)
2週目
自分の立てた行動計画に沿って数名患者を受け持ち、患者の一日の流れを知る。行動計画を確認してもらう。
新人が受け持つ患者の情報提供及び、患者の注意点や観察の視点を教える。 (例:血圧が低い時はどういう状態で対処すればよいかなど)
3週目
わからないこと・できないことをはっきりさせる。
新人の行動計画の確認
4週目〜6週目
夜勤に向け患者数を徐々に増やしていく
新人が夜勤に入れるようにペアの形でフォローする


≪平成24年度熱海所記念病院看護部教育目標の詳細はコチラからご覧いただけます≫



≪平成24年度熱海所記念病院看護部教育目標の詳細はコチラからご覧いただけます≫






ページの一番上へ